不景気の日本では、働く人々は安い給料にもかかわらず過酷な労働を強いられがちです。

日本の労働環境は世界的に見ても少し異常と言ってもよく、働きすぎだと言われているくらいですから、あまり自分に鞭うつような働き方をせずに、息抜きやリフレッシュをいつも意識しているくらいで丁度いいのです。

頑張ったからと言ってそれがすぐに反映されるほど甘くはないのであれば、無理をし過ぎる必要もないんじゃないでしょうか。

仕事にはストレスがつきものですし、簡単に仕事や働き方を変えるのも困難ですが、自分の意識の持ちよう次第では、今の仕事が不満に感じられるばかりか楽しくもなってきて、新しいやりがいや達成感を見出しながら本当の意味で自分の人生を生きていられる気がしてくるはずです。

p_lounge6

仕事に振り回されるばかりの人生では本当に自分は何のために生きているのだろうかとさらに悩みを招いてしまいますし、それは勃起不全のリスクとも深くかかわってきます。

考えすぎでストレスをためやすい人ほど、仕事への向き合い方をもっと気楽なものにしていくべきでしょう。自分の役割をきっちりと全うして、責任を果たすためには適度な緊張も重要ですが、肩の力を抜くときは抜いたほうが、ここぞというときにも力を発揮できるはずです。

何となく言われるがままにダラダラと働いてきた人は、労働時間を減らすことはできなかったとしても、働き方にメリハリをつけて強い意識を持って働けるようにしてみてください。

社会では自分を抑えなければならない場面も多いですが、許されているときには思いきり喜怒哀楽を素直に発散して表現するのも大切です。自分の感情を大切にするために、夢中になっている趣味や打ち込めるものを仕事とは別に持ってみるのもおすすめです。インドアでもアウトドアどちらの場合でも、しっかり自分の気持ちを動かしてみましょう。